お葬式は大切な方との最期のお別れの儀式です。しかし大事な方を亡くされた直後は、だれしもが冷静な判断はできません。ここではお葬式を終えるまでの一般的な流れや手順をご紹介させて頂きます。少しでも皆様のお役に立てることができれば幸いです。
※この手順はあくまでも一例です。
地域や葬儀社様によって内容や順序が異なる場合もございます。

①ご臨終

現在の日本で、最期を迎える場所は大半の方が病院もしくは介護施設です。ご自宅の方もいます。病院などで亡くなられた場合は、退院の準備を進められます。ご遺体の搬送には基本的に葬儀社にお願いします。事前に依頼する葬儀社を決めている場合は、搬送の依頼などスムーズにすすめることができます。その後の手続きについても、基本的に葬儀社の担当の方が、すべて教えてくれますので非常に安心できます。
依頼する葬儀社を決めていない場合は、葬儀社選びから始めます。病院にはその地域の葬儀社がたくさん載ったリストがあります。そのリストから葬儀社を選び電話をして依頼をするケースが大半です。
葬儀社は365日24時間体制ですので、お電話ののち約1時間ほどでお迎えにきます。
お迎えのまでのお時間、故人様は看護師さんがお身体を拭き清めてくれる病院もあります。そのお時間で死亡診断書や病院代金の支払いなど事務関係の事案について病院と打ち合わせして頂くこともできます。
<ポイント>
事前に依頼する葬儀社を決めておくことで、ご臨終後の不安を少なくすることができます。葬儀社も、どのお客様からの連絡頂いたかすぐにわかるので、連絡先の確認など無駄を省いて時間効率が良くなります。

②お迎え(ご遺体搬送~安置)

葬儀社がお迎えに来ましたら、安置場所をお伝えします。安置場所とはお通夜が始まるまで故人様が眠る場所です。以前は自宅に戻ることが一般的でしたが、場所や片付けの問題から、お葬式をする会館で安置する方も多くなっています。安置場所についても事前相談の段階で葬儀社と決めておくと、慌てることがないので非常に便利です。
<ポイント>
故人様、ご搬送の場合、「死亡診断書」が必要です。事前に病院に確認しましょう。

③葬儀社との打ち合わせ

葬儀社との打ち合わせは、日時、料金プラン、内容、参加者の人数から挨拶に至るまで、多岐にわたります。時間にしても最低2~3時間はかかります。深夜など体調の悪い場合は、時間を調整して万全の体制でのぞみましょう。
効率的な打ち合わせを行うため、以下については事前に確認しておくといいと思います。

◆喪主は誰がするのか。

 喪主はお葬式において内容を取りまとめるなど、とても重要な役割です。一般的には配偶者もしくは故人のお子様が務めますが、故人様の遺言があればその方、なければ故人様と一番近しい方が務めることが多くなっています。

◆故人様の遺志。

 故人様はどのようなお葬式にしたいと思っていたのか。(これを知るためには事前相談を一緒に行ったり、エンディングノートを作る必要があります。)

◆形式の確認(仏教か神式か無宗教で行うのか)

⇒それぞれ宗教者も調べておくと便利です。○○寺の○○住職。○○神社の○○神主

◆規模の確認(身内だけで行うのか、友人知人たくさん呼ぶのか)

⇒規模によって、会館や予算が変わってきます。
<ポイント>
 葬儀社との打ち合わせは、お通夜・お葬式の日時、場所(会館など)、料金プラン、葬儀内容、参列者人数など多くの事案を決めて、それらにかかるすべての予算を「御見積書」という形で提示されます。大事な方のご臨終後、非常に慌ただしい状況の中で、故人様の遺志を尊重した、最適なお葬式をこの短時間で決めることは現実的にほぼ不可能だと私は思います。これらの葬儀社との打ち合わせは葬儀社への「資料請求」および「事前相談」という形で前もって準備することができます。万が一の場合に備えて、準備することが「安心して葬儀を無事に終えるために必要なこと」「満足したお葬式をするために必要なこと」であると私は考えています。

④お通夜・お葬式

葬儀社との打ち合わせが終わると、基本的にはすべて葬儀社が案内してくれます。死亡届の提出や火葬許可証の発行などの事務手続きも代行してくれます、当然その費用は葬儀見積に含まれています。ご臨終後24時間は火葬できませんので、それにあわせてお通夜・お葬式の日時が決まり、準備もほとんど葬儀社がしてくれます。喪主様は会葬者の方へのご挨拶。通夜終了後は故人様と最期の夜をご一緒にお過ごし頂けます。
翌日はお葬式です。告別式終了後、出棺、火葬、ご収骨です。すべて終了後、ご自宅に後飾り祭壇を葬儀社が準備してくれて、無事に終了となります。(後飾り祭壇がプランに含まれていない葬儀社もございます。)