香典(こうでん。香奠とも表記)とは、仏式等の葬儀で、死者の霊前等に供える金品をいう。香料ともいう。「香」の字が用いられるのは、香・線香の代わりに供えるという意味であり、「奠」とは霊前に供える金品の意味である。通例、香典は、香典袋(不祝儀袋)に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡される。
香典を入れる香典袋は、葬儀の宗教・相手の宗旨宗派に合わせて使い分ける。
仏式の香典袋は、白無地か蓮の花の絵柄が入った包みに、「御霊前」・「御香料」・「御香奠(御香典)」と表書きし、白黒あるいは双銀(銀一色)の結び切りの水引をかける。「御佛前(御仏前)」は、四十九日(七七日忌)以後の法要で用いるのが一般的。葬儀が終わって故人の霊魂が成仏した後は「御佛前」、それまでは「御霊前」との考え方。ただし、浄土真宗の場合、人は死後すぐに仏になるという思想を持つため、香典であっても「御佛前」と書く。また、京都では宗派に限らず「御佛前」とし黄白水引の結び切り(あわじ結び)にする。なお、「典」や「仏」は略字のため、基本的には「奠」や「佛」と書く。
神式では、香を用いないため香典と呼ばない。白無地の包みに、「御霊前」・「玉串料」・「御榊料」と表書きし、白黒あるいは双白(白一色)の結び切り水引や麻緒(あさお)の結び切りをかける。
キリスト教式では、教派によって多少異なるが、白無地の封筒か「御花料」の表書きや白百合・十字架などが印刷された市販の封筒を用いる。水引はかけないもしくは双銀の結び切りにする。
どの宗教によるものか不明な場合は、白無地の包みに、「御花料」「御霊前」と表書きし、白黒あるいは双銀の結び切り水引をかけるのが無難であるとする見解もある。

香典は亡くなった方へのお供物として、お香をお供えしたことが始まりとされています。その後、お葬式の際のお振舞いの食事を弔問者がお香の代わりに持ち寄ったそうです。戦後その風習がなくなり、いつしか現金としてお供えするようになったのが現在の形です。

つまり、香典には相互扶助の意味があり、喪主を弔問者達が支えてあげる仕組みです。立場が逆になり、喪主だった者が弔問者になった場合は、同じく香典を出すことによって喪主を支えます。
では現在において、香典にはどのような意味があるでしょうか?

・故人とのこれまでの関係やお世話になったことへの感謝を形にできる。
・喪家を引き継ぐ新しい世代や残された遺族に対して、応援の気持ちを表現できる。
・善事にお金を捧げることは、浄財として自分自身の幸せにもつながります。

以上のような意味が、香典にあると私は考えます。
近年は、葬儀の簡素化の流れの中で、香典自体が少なくなって来ています。
しかし、香典本来の意味を考え直すことも非常に大事な事だと思っています。

<香典金額の相場>

香典はあくまで、相互扶助の考え方によって成り立っています。つまり金額は気持ちの問題です。しかし現金である以上、ある程度の相場は知っていなければなりません。ここでは一般的な香典の金額についてご説明します。
まずは、一般的に言われている香典の相場をご紹介しましょう。
・2親等以内(親・兄弟):3万円~10万円
・4親等以内(近い親戚):1万円~5万円以上
・仕事の関係者や知人・友人・隣人:5,000円~1万円
・顔見知り程度であれば3,000円~1万円
これらの金額はあくまでの目安です。故人様との関係性や年齢などの条件により異なります。
また、以前香典をいただいた事がある方の場合は、その時の金額を参考にして下さい。
香典はあくまでのお気持ちです。金額が多いからいいというものではありません。いただいた側には「香典返し」が必要になります。その家柄、地域ごとの風習や文化、前例などを先人に確認して最適な金額でお出ししましょう。

<香典の入れ方>

明確な理由はありませんが、日本では古くからお札の枚数は1.3.5.10枚が何故か一般的です。香典の枚数もこれに合わせるのが良いと言われています。
また、香典は前もって準備しては失礼という理由で新札はNGと言われています。最近は気にしない方も多いですが、年配の方は気にされるかもしれませんので新札は極力避けましょう。万が一新札しかない場合は、少し折り目をいれるなどして対応しましょう。
お札を入れる方向など諸説ありますが、実は明確な規定はありません。特に気にしなくてもいいと思います。