通夜・告別式は故人様と最期のお別れの儀式です。そのため親族、会葬者は礼を失しない服装やマナーが必要になります。ここではお葬式のマナーについて最低限必要な豆知識をご紹介します。

お葬式のマナー

お葬式の際のマナーとして服装や持ち物は重要です。ここでは親族(男性・女性)、会葬者(男性・女性)に分けて簡単にまとめてみます。

親族(男性)の服装

喪主様をはじめ、故人様から三親等以内の近い親族の方は正式喪服が良いと言われていました。正式喪服は和装なら黒紋付羽織袴、洋装ならモーニングコートです。
ですが最近のお葬式では正式喪服を着用されるかたは稀で、略式喪服としてブラックスーツの着用が一般的です。略式喪服の場合は、黒のフォーマルスーツに白のワイシャツ、黒の無地ネクタイ、靴や靴下、ベルトも黒で統一することが一般的です。

親族(女性)の服装

女性の場合も、喪主様(喪主様の奥様)をはじめ三親等以内の近い親族の方は正式喪服が良いと言われていましたが、最近のお葬式では略式喪服が一般的となっています。
女性の正式喪服は和装なら黒無地着物、洋装ならアフタヌーンドレスなどを着用されます。
ほとんどの方が着用される略式喪服の場合、黒のワンピース、スーツ、アンサンブルが一般的で、肌の露出を控えるものを選びます。靴やカバンも黒をベースに光沢のないものが良いとされています。

会葬者(男性)の服装

会葬者の方の服装は、略式喪服です。男性の場合フォーマルスーツに白のワイシャツ、黒の無地ネクタイが一般的です。基本的にお葬式の服装は派手でないことが重要です。カフスボタンやタイピンもつけないことが一般的です。時計もゴールドなど派手なものを避け、ブレスレットなど装飾品も極力控えましょう。

会葬者(女性)の服装

女性の場合も略式喪服が一般的です。黒のフォーマルスーツかワンピース、もしくは地味な色のスーツかワンピースが良いでしょう。スーツの場合、パンツスタイルでもかまいませんが、ミニスカートは控えましょう。化粧も控えめのナチュラルメイクで、結婚指輪以外の指輪やブレスレットは控えましょう。ネックレスは真珠の一連のものが良いとされています。

子供の服装について

中学生、高校生は制服が一般的です。小学生以下のお子様は黒の服がベストですが、ない場合は白のシャツに紺のズボンまたはスカート、紺のセーターなど派手でない服装であれば問題ありません。靴下は白がいいでしょう。シンプルかつ目立たない服装が一般的です。

持ち物について

バックについて

男性は一般的にバックを持たない方が良いですが、持つ場合は黒系で光沢のないものを選びましょう。派手な金具などは控えた方が良いでしょう。
女性の場合はショルダーバックは控えて、黒系で光沢のないハンドバックが一般的です。

靴について

男性は光沢のない黒の紐靴が一般的です。紐靴はフォーマルなので間違いがなく、ローファーはカジュアルなイメージが強いため避けた方が無難です。
女性も光沢のない黒のパンプスが一般的です。ピンヒールのようなカジュアルなデザインのものは避けた方が良いでしょう。

数珠について

数珠は本来、僧侶が読経を唱える数を数えるために使っていた仏具です。ですので、仏式ではないキリスト教や神道の葬式の場合は、数珠を用意する必要はありません。
そして、仏式のお葬式でも宗派によって数珠の形は変わります。各宗派ごとに決められた数珠を本式数珠といいます。それに対しどの宗派でも使える数珠を略式数珠といいます。基本的に使う数珠は、使うご本人様の宗派に沿ったものを使うのが一般的です。(故人様の宗派にあわせる必要はありません。)
しかし、最近は自分の宗派を知らない方も多いので略式数珠を使う方が多くなっています。
また地域の風習や文化によって異なることもありますが、数珠の色や房の形については正式な決め事はありません。それぞれのお好みの数珠を使ってもらえればいいと思います。

まとめ

お葬式は故人様を送るための大事な儀式です。そのため服装や身だしなみは非常に重要です。しかしそんなにかしこまる必要はありません。大事な人のために、派手でない格好で、礼儀を尽くして最期のお別れをして下さい。一番大事なことは気持ちです。悔いのないお別れをして下さい。